世代管理

新しい世代管理で無駄を少なく

世代管理とは、段階的に過去のデータのバックアップをとることです。
CCIBackupでは様々な技術を使い、確実で無駄のない世代管理を実現しています。

従来の世代管理では各世代ごとにフルバックアップする必要がありました。
CCIBackupでは変更や追加が加えられた差分のみをバックアップするので、
通常の世代管理より容量を必要とせず、より柔軟に世代管理する事が可能です。

分散リスクモデル

従来の世代管理では一定期間ごとに世代を指定してバックアップをとっていました。しかしCCIBackupの分散リスクモデルでは、 直近のデータほど頻繁にバックアップをとるため、従来型の単純な管理法と比べ、重要なデータを少ない容量で無駄なくバックアップすることが出来ます。

トップページに戻る